平屋を検討されている方の参考に!我が家が平屋にした3つの理由

個人的な平屋のイメージ「平屋ってマンションと変わらないのでは?」

自分自身は生まれてから約30年ほど首都圏のマンションが実家であったことから、庭のある2階建ての戸建てというのに憧れを持っていました。

なんだか平屋ってマンションと同じように感じる…

さらに土地を選ぶにしても平屋を前提にして土地を選んでいくと広い土地をゲットする必要があり、通常の戸建てと比べてコストや土地の制限をかなり受けてしまいます。そんな中でも実際に住んでみて平屋の家ってどんなメリットがあるのという方に今回の記事を読んで欲しいと思っています。

当初平屋を選んだ理由
  • 家族の存在を常に感じられるような生活をしたい
  • 老後の生活を考えると階段がある暮らしはきつい
  • 平面移動のみとすることでお掃除ロボットをフル活用して家事負担を減らしたい

家族の存在を常に感じられる家にしたい

正直いってこれが一番のポイントかもしれないです。なぜなら、他の2つに関してはよくある事項としてハウスメーカーなども書いていることですが、家族の存在を常に感じられるのがいいという人はこれまでブログを読んできた中でもあまり多くいませんでした。

例えば、病気で寝込んでしまった時など気が滅入ってしまうときに家族の存在は非常に大きいように感じます。

この意見には賛否両論のところかと思います。「常に誰かがいるような感じ」が好きな人もいれば嫌いな人もいます。とくに自分たちの子供にとってはどうかはわからないところが大きいのでここばっかりは好みがはっきり出てきます。

これはふとし妻の実家が2階建てで広い家であったことも相まって

2階建の2階のへやに一人でいるとなんだかさみしい感じがする!

という意見もあることから、個人の性格によっても異なるのかなぁなんて思っています。家族ごとの考え方もあるのでそこはきちんと家族内で話し合うことが大事だというように思っています。(自分の知り合いは家族が帰ってきても全くわからないような家になっていて会話があまりないということもありました)

ですが、こうした家族を感じられる家にすると今回の感染症の流行の際に隔離するのが難しいといったデメリットもあるかと思います。

老後の生活を考えると階段がある暮らしはきつい

誰しも年を取ったら歩くことがきつくなってくると思いますし、自分の祖父母を見ていると2階に上がって洗濯物を干したり、作業をしているシーンを見るとすごく大変そうになっているのを目の当たりにしていました。

また、年を取ってくると家全体の掃除などもなかなか力を入れて部屋の隅々までキレイにしていくことが難しくなっていくことも自分の両親などの様子を見ていて感じていたところでした。(自分のほうの両親はマンション住まいですが、それでもなかなか大変そう)

そうしたことを考慮していくとやはり階段を上り下りするのは大変であり、地方都市なので土地の値段が安いことも相まって平屋を検討できるようになっていきました。

平面移動のみとすることでお掃除ロボットをフル活用して家事負担を減らしたい

我が家は共働きで、毎日は掃除機をかけることができない状態です(単純にさぼってると言われても仕方ないかも…)そうなってくるとやはり活用したいのがお掃除ロボット!ずぼらな自分にとってはスイッチ一つで掃除機をかけるのを終えてくれるのは非常にありがたい存在です。

ちなみに我が家で購入したルンバについてはこちらの記事に書いています。

新居での購入品どうする!?我が家が新居のために購入したもの5選!

実際に現在のマンションでもレンタルしてみたり、使い勝手について確認してみましたが、特段問題なく使えることがわかったのでなるべくお掃除ロボットに掃除は任せられるような設計にしていきたいと感じるようになりました。

そうなってくると階段(段差)があることでの障壁は非常に大きいです。掃除機をかけるにしてもコードレスにして階段を掃除する必要がありますし、お掃除ロボットが1台では家全体を掃除することはできません。(お金があれば2台持ちということもできますが…)

ということからも平屋のメリットとして挙げられると思います。

まとめ

自分たちは一番大きなところとして「家族の存在を感じられる」ということを上げてみました。実際にマンションで生活していた時間が長い自分としては家族の存在が感じられるといっても、当たり前すぎて気付くことができなかったポイントだと思います。

妻にとってはずっと戸建てで住んでいてしかも自分の部屋が2階にあるとなると家族の存在から切り離されていると感じることもあったみたいでした。

これから先、年齢的なことを考えると老後の生活を考えたり、寝たきりなどになった場合、平屋のほうがヘルパーさんを頼んだり、デイケアの人たちもお手伝いしやすいのかなと感じています。

掃除をはじめとして家事全般は毎日のことですし、負担感なく生活をしていくことを考えて今回自分たちは平屋を選択することになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。